この記事にはPRが含まれています
スポンサーリンク

干し芋にカビ!間違って食べたらどうなる?対処法を紹介!

干し芋にカビ!間違って食べたらどうなる?対処法を紹介!スイーツ
スポンサーリンク

甘くてホクホクした干し芋は、おやつにもぴったりで、栄養満点。
でも、保存していると、時々カビが生えてしまうことがありますよね。

今回の記事では、干し芋にカビが生えたときの対処法や、健康への影響、そしてカビを防ぐための保存テクニックについてお話しします。

もし「あれ?この干し芋、大丈夫かな?」と思ったことがある方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

この記事でわかること
・カビを食べたら?→水分とって様子見
・カビ予防策→冷蔵庫で保管、通気性の良い容器
・カビの人体への影響→病気のリスク
・カビ食品の扱い方→破棄、除去

楽天ランキング1位の干し芋!たっぷり入ってかなりお得ですよ〜

スポンサーリンク

カビが生えた干し芋を食べたらどうなる?

干し芋って、ほっこり甘くて美味しいですよね。
でも、保存しているとたまにカビが生えちゃうこともあります。

まず大事なのは、カビが生えた食品を食べることは基本的に避けるべきだということ。
特に干し芋のような食品に生えるカビには、アフラトキシンという有害物質を生産する可能性があるんです。
このアフラトキシン、体にとってあまり良くない影響を与えることが知られています。

でも、「うっかり食べてしまった!」という場合もあるかもしれません。
そんな時は、まずは慌てずに。
カビを少量食べただけで重篤な健康被害が出ることは少ないですが、念のために体調に異変がないか注意しましょう。
もし何か気になる症状が出たら、医師に相談するのがベストです。

スポンサーリンク

食べてしまった後の対処法

では、もしカビが生えた干し芋を食べてしまったら、どうしたらいいのでしょうか。
まずは、大前提として、カビが生えた食品は食べないようにしましょう。
でも、「しまった!」という時もありますよね。

食べてしまった後は、以下のことに注意してください。

  1. 様子を見る
    少量であれば、すぐに大きな健康被害が出ることは稀です。
    でも、体に何か異変を感じたら、すぐに医師に相談しましょう。
  2. 水分を摂る
    水分をたっぷり摂って、体内の代謝を助けましょう。
    これによって、体内に入った有害物質が排出されやすくなります。
  3. 健康的な食事を心がける
    体調管理のためにも、バランスの良い食事を摂り、免疫力を保つことが大切です。

そして、忘れてはいけないのが、次から同じことを避けるための対策。
干し芋を含む食品の適切な保存方法を学んで、カビの発生を防ぎましょう。

スポンサーリンク

干し芋にカビが生えないようにする予防策

カビの問題を防ぐには、やはり予防が大切ですよね。
干し芋を美味しく、安全に長持ちさせるためのポイントをお話ししましょう。

適切な保存方法

干し芋は、開封後は冷蔵庫で保存しましょう。
湿度が高いとカビが生えやすいので、乾燥剤を入れると良いですよ。

量が多い場合などは、冷凍保存がおすすめです!
↓↓
冷凍保存の仕方から美味しく食べる方法まで
楽天のサイトに詳しくやり方の説明が載ってるので参考にしてみてください。

適度な消費期限

保存食品でも、無限に持つわけではありません。
購入時に消費期限を確認し、できるだけ早めに食べきるようにしましょう。

密閉袋を使用

密封するフリーザーバッグを使うと湿気を避けられます。
また、直射日光は避けてくださいね。

パンの保存袋ですが、干し芋にもぴったりの冷凍保存袋です!

定期的なチェック

長期保存する場合は、時々干し芋をチェックして、変色や異臭がないか確認しましょう。
これらの簡単な予防策で、干し芋を長く美味しく楽しむことができます。

スポンサーリンク

カビの種類とそれが人体に与える影響

さて、次に気になるのは、カビにはどんな種類があって、それぞれが人体にどんな影響を与えるかという話ですよね。
カビって一口に言っても、実は色々な種類があるんです。

よく見かけるのは、青かったり緑っぽかったりするカビ。
これらはペニシリウム属とかアスペルギルス属といったカビが多いです。
食品によく見られるカビですね。これらのカビの中には、抗生物質を生産するものもありますが、同時に有害な物質を生産することもあります。

そしてもう一つ、気を付けたいのがアフラトキシンを生産するカビ。
これは、特にナッツや穀物、そして干し芋のような乾燥食品に生えやすいんです。
アフラトキシンは、肝臓に悪影響を与えることが知られていて、長期にわたって少量ずつ摂取すると、肝臓がんのリスクが高まることも。

ただ、安心してください。市販されている食品は品質管理がしっかりしているので、普段から適切に保存していれば、こうしたリスクはかなり低いです。
カビが生えたら、その部分を取り除くだけでなく、周辺の部分も避けるのが賢明です。

スポンサーリンク

専門家のアドバイス:カビつき食品の扱い方

最後に、カビがついた食品をどう扱うべきかについて、専門家のアドバイスを紹介します。

カビが見える場合は廃棄

カビが明らかに見える場合は、その部分だけでなく、少なくともその周辺の部分も廃棄しましょう。
カビの根は見えない部分にも広がっている可能性があります。

カビが見える場合は廃棄

チーズのような硬い食品の場合、カビが浅く表面にある場合に限り、カビの部分を切り取って残りを食べることが可能です。
ただし、干し芋のような柔らかい食品では、カビが深く浸透している可能性が高いので、この方法は適用されません。

保存方法の見直し

カビが生えるということは、どこか保存方法に問題がある可能性があります。
保存方法を見直して、適切な環境で食品を保管しましょう。

カビを避けるための購入時の注意

購入時には、パッケージに破損がないか、商品に異常がないかを確認しましょう。
新鮮で質の良い商品を選ぶことも大切です。

これらのアドバイスを実践することで、カビのリスクを減らし、安全に食品を楽しむことができます。