この記事にはPRが含まれています
スポンサーリンク

干し芋を冷凍で楽しむ食べ方!ユニークで簡単なアレンジレシピ集

干し芋を冷凍で楽しむ食べ方!ユニークで簡単なアレンジレシピ集スイーツ
スポンサーリンク

干し芋って冷凍したらさらに美味しく楽しめるって知ってましたか?!
干し芋はそのまま食べても美味しいですが、冷凍することで驚くほど風味が増し、様々な料理のアクセントにもなります。

この記事では、干し芋の冷凍保存のコツから、冷凍干し芋を使った簡単で美味しい食べ方、さらには家族で楽しめるユニークなレシピまで幅広くご紹介します。
干し芋の新たな魅力を発見し、日々の食卓を豊かに彩るためのヒントがここにあります。

スポンサーリンク

干し芋デザートの魅力と基本的な準備

あなたは干し芋は好きですか?
もし「いいえ」と答えたら、今日はその考えを変える時が来ましたよ!
干し芋は、ただのおやつではありません。
これは、厳選されたさつまいもを蒸して、優しく乾燥させた、自然の甘さがギュッと詰まった驚異の食材です。
そして、ここで驚きの事実:この干し芋、冷凍するとさらに美味しくなるんです!

冷凍庫の中の宝物、干し芋!

干し芋を冷凍すると、なんとその甘さが増すんです。
なぜかって?さつまいもの中の水分が少なくなると、自然な甘さが凝縮されるから。
冷凍庫に入れる前に、干し芋を小さめに切っておくと、使いたいときにサッと取り出せて便利です。
でも、凍ったまま食べても、解凍しても、どちらも美味しさは保証されています。

解凍のマジック

干し芋を解凍する時は、焦らずに。自然解凍がベストです。
室温でじっくりと解凍させることで、干し芋はもっちりとした食感を取り戻します。
もし急いでいる場合は、電子レンジを使っても大丈夫。
ただし、解凍モードで少しずつ温めましょう。
焦げた干し芋の香りは、誰も喜びませんからね。

次は、この冷凍干し芋を使った、とっても美味しいデザートレシピを紹介しますよ。

スポンサーリンク

子供も大喜び!冷凍干し芋のレシピ

干し芋でケーキ?」と思われるかもしれませんが、これがまた意外とビンゴなんです!
このレシピは、子供から大人まで、誰もが笑顔になること間違いなし。
それでは、干し芋のしっとりケーキの作り方をご紹介しましょう。

干し芋のしっとりケーキ

必要な材料

  • 干し芋(冷凍しておいたもの): 100g
  • 薄力粉: 200g
  • ベーキングパウダー: 小さじ1
  • 砂糖: 100g
  • 卵: 2個
  • 牛乳(または豆乳): 100ml
  • 無塩バター(室温に戻したもの): 100g

作り方

  1. まずは、干し芋を小さめに切ります。
    ちょっと冷凍庫で硬くなった干し芋も、このケーキでは大活躍します。
  2. ボウルに薄力粉とベーキングパウダーを入れて混ぜ合わせ、ふるっておきます。
  3. 別のボウルでバターと砂糖をクリーミーになるまでしっかりと混ぜ合わせます。
  4. 卵を一つずつ加え、よく混ぜ合わせた後、牛乳を少しずつ加えていきます。
  5. ふるった粉を加え、さっくりと混ぜ合わせます。最後に干し芋を加えて軽く混ぜるだけ!
  6. オーブンを180℃に予熱して、生地を型に流し入れます。
  7. 約30分間焼いたら、竹串を刺してみてください。何もついてこなければ完成です!

この干し芋のしっとりケーキは、ほんのりとした甘さと干し芋のもっちり感がたまりません。
お子さんのおやつにも、大人のティータイムにもぴったりです。

干し芋塩バター – 簡単おやつの作り方

干し芋に塩バター?」と聞くと、ちょっと驚くかもしれませんが、これがまた絶品なんですよ!
このシンプルながらも魅力的なレシピは、あなたのおやつタイムを格上げします。
では、さっそく作り方を見てみましょう!

必要な材料

  • 干し芋(冷凍しておいたもの): 100g
  • 無塩バター: 大さじ1
  • 塩: 少々

作り方

  1. まず、干し芋を室温で自然解凍します。
    急ぎの場合は、電子レンジを使ってもOKですが、ほんの少し温めるだけにしてくださいね。
  2. 解凍した干し芋を適当な大きさに切ります。食べやすいサイズがベストです。
  3. フライパンを中火で熱し、無塩バターを溶かします。
  4. 干し芋を加えて、軽く焼き色がつくまで炒めます。
    この時、干し芋が焦げないように注意してくださいね。
  5. 最後に、お好みで塩を振りかけます。これで、干し芋塩バターの完成です!

このレシピのポイントは、干し芋の自然な甘さとバターのコク、そして塩のピンチが絶妙にマッチすること。カフェのようなおしゃれなおやつが、自宅で手軽に楽しめます。ぜひ、試してみてくださいね!

干し芋きなこおからクッキー – 健康志向のスイーツ

今回は、干し芋を使ったちょっぴりヘルシーなクッキーのレシピをご紹介します。
干し芋の甘さ、きなこの香ばしさ、そしておからの食感が絶妙にマッチしたこのクッキーは、健康を意識している方にもぴったりですよ!

必要な材料

  • 干し芋(冷凍しておいたもの): 50g
  • おからパウダー: 100g
  • きな粉: 50g
  • 砂糖(または甘味料): 50g
  • 無塩バターまたはマーガリン: 50g
  • 牛乳または豆乳: 適量

作り方

  1. 干し芋は小さく切って、柔らかくなるまで室温で解凍します。
  2. ボウルにおからパウダー、きな粉、砂糖を入れて混ぜ合わせます。
  3. 別のボウルでバター(またはマーガリン)をクリーム状になるまで混ぜ、1の干し芋を加えてさらに混ぜます。
  4. 2の粉類を加え、さらに混ぜ合わせます。ここで、牛乳または豆乳を少しずつ加えながら、生地をまとめます。
  5. オーブンシートを敷いた天板に生地を小さめの丸形にして並べます。
  6. 180℃に予熱したオーブンで約20分間焼きます。焼き色がついたら完成です!

この干し芋きなこおからクッキーは、サクサクとした食感が楽しめます。
おからときな粉の風味が干し芋の甘さを引き立てて、まさにヘルシーなおやつの完成形です。
健康に気を使いながらも、甘いものを楽しみたい方にはおすすめのレシピです!

季節感あふれる干し芋スイートポテト

干し芋を使って、季節感あふれるスイートポテトを作るのはいかがでしょうか。
干し芋の自然な甘さが活きるこのレシピは、秋のティータイムにぴったりです。
では、美味しいスイートポテトの作り方を見ていきましょう!

必要な材料

  • 干し芋(冷凍しておいたもの): 200g
  • バター(室温に戻したもの): 50g
  • 砂糖: 50g
  • 生クリームまたは牛乳: 100ml
  • 卵黄: 1個
  • バニラエッセンス: 数滴

作り方

  1. 干し芋を室温で自然解凍します。
    解凍後、フォークなどでつぶしてペースト状にします。
  2. ボウルにバターを入れ、白っぽくなるまでよく混ぜます。
    そこに砂糖を加え、さらに混ぜ合わせます。
  3. 2に干し芋のペースト、生クリーム(または牛乳)、卵黄、バニラエッセンスを加えてよく混ぜ合わせます。
  4. その生地を耐熱容器に入れ、表面をならします。
  5. 180℃に予熱したオーブンで約30分焼きます。
  6. 表面にきれいな焦げ目がついたら完成です!

この干し芋スイートポテトは、外はサクッと、中はしっとり。
干し芋特有の甘さが口の中に広がります。
秋の午後、お茶と一緒に楽しむのに最適な一品です。ぜひ、この季節に試してみてください!

干し芋マフィン – 和風テイストで朝食にもぴったり

干し芋を使ったマフィンは、和風の味わいが楽しめる素敵な朝食の選択肢です。
干し芋の自然な甘さとバターの風味が絶妙にマッチし、抹茶を加えることで一層和風の味わいになります。では、その作り方を見ていきましょう!

必要な材料

  • 干し芋(冷凍しておいたもの): 100g
  • 無塩バター: 100g
  • 砂糖: 100g
  • 卵: 2個
  • 薄力粉: 200g
  • ベーキングパウダー: 小さじ1
  • 抹茶パウダー: 大さじ1

作り方

  1. 干し芋を室温で自然解凍し、小さく切ります。
  2. バターと砂糖をクリーミーになるまで混ぜ合わせ、そこに卵を一つずつ加えてさらに混ぜます。
  3. 別のボウルで薄力粉、ベーキングパウダー、抹茶パウダーを混ぜ合わせ、ふるっておきます。
  4. 卵のミックスに、干し芋とふるった粉類を加え、混ぜ合わせます。
  5. マフィン型に生地を流し入れ、180℃に予熱したオーブンで約20分間焼きます。

出来上がった干し芋マフィンは、ほっこりと優しい甘さと香りが広がります。
朝食にはもちろん、おやつやお茶の時間にもぴったりの一品です。
和風の味わいが新しい、干し芋マフィンをぜひお試しください!