エンタメ

葉室麟死去 おすすめランキング 映画作品 直木賞受賞作品は?

12月23日、小説家の葉室麟さんが死去されました。
経歴や数々の素晴らしい作品、受賞歴をまとめてみます。

スポンサーリンク

プロフィール

お名前:葉室 麟(はむろ りん)
本名:本畑雄士
性別:男性
生年月日:1951年1月25日(66歳)
出身:福岡県北九州市小倉
学歴:西南学院大学卒業

地方紙記者などを経て2004年作家デビュー

<代表作&受賞歴>
2004年『乾山晩愁』で歴史文学賞を受賞し、作家デビュー。
2007年『銀漢の賦』で松本清張賞
2012年『蜩ノ記』で直木賞
2016年『鬼神の如く』で司馬遼太郎賞

2017年には50冊目の著書となる『墨龍賦』を刊行し、質・量ともに充実した作品を世に送り出し続けている。
他の著書に『いのちなりけり』『秋月記』『橘花抄』『春風伝』『この君なくば』『津軽双花』『日本人の肖像』など。

映画化された『蜩ノ記』

蜩ノ記(ひぐらしのき)
蜩ノ記

解説
直木賞作家の葉室麟のベストセラー小説を、『雨あがる』『博士の愛した数式』の小泉堯史監督が映画化した人間ドラマ。無実の罪で3年後に切腹を控える武士の監視を命じられた青年武士が、その崇高な生きざまを知り成長していく姿を師弟の絆や家族愛、夫婦愛を交えて描き出す。過酷な運命を背負いながらもりんとした主人公に役所広司、その監視役の青年には『SP』シリーズのV6岡田准一。そのほか連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の堀北真希や、ベテラン原田美枝子が共演を果たす。

あらすじ
7年前に前例のない事件を起こした戸田秋谷(役所広司)は、藩の歴史をまとめる家譜の編さんを命じられていた。3年後に決められた切腹までの監視役の命を受けた檀野庄三郎(岡田准一)は、秋谷一家と共に生活するうち、家譜作りに励む秋谷に胸を打たれる。秋谷の人格者ぶりを知り、事件の真相を探り始めた庄三郎は、やがて藩政を大きく揺るがしかねない秘密を知るが……。

引用:yahoo映画

スポンサーリンク

おすすめ作品

1位 蜩ノ記(ひぐらしのき)

2位 蒼天見ゆ

3位 影踏み鬼 新撰組篠原泰之進日録

スポンサーリンク
4位 大獄 西郷青嵐賦

5位 螢草

6位 春雷

7位 鬼神の如く

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 飯島愛と木村藤子二文字の真相は?コンクリート事件との関連性
  2. さくら保育園(八尾市)園長息子逮捕!名前や顔写真 わいせつ行為の全貌
  3. 富田林逃走犯目撃情報!捜索に1日600万円の税金使われている!
  4. 台風21号2018大阪への影響被害状況まとめ!衝撃の写真「私のベランダ返して!」…
  5. 飯島愛死因は腎臓病なのか亡くなる直前を知る医師の証言と謎の宇都宮占い師

関連記事

  1. エンタメ

    misono子作り禁止?結婚した旦那も疲れた?

    misonoが妊活禁止を病院から言い渡されたとの報告があった。何が…

  2. エンタメ

    工藤静香若い頃モテモテで可愛い!インスタグラム写真からわかる男が好きになる理由

    工藤静香さんの若い頃は可愛いくてモテモテだったというのはご存知でしょう…

  3. エンタメ

    平田進也は日本旅行の営業本部長でカリスマ添乗員!著書や名言から知る人気の理由

    平田進也さんは日本旅行の営業本部長でカリスマ添乗員!平田進也と行くツア…

  4. エンタメ

    民間療法は小林麻央やさくらももこも。がん治療は危険?後悔せず何が一番大事なのか

    乳がんで亡くなった小林麻央さん、さくらももこさんは民間療法でがん治療を…

  5. エンタメ

    平田進也と行くツアーがカリスマ級におもしろい!日本旅行浪速のカリスマ添乗員

    リピート率9割!シニア殺到のバスツアーってどんなの?ナニワのカリス…

  6. エンタメ

    葉月里緒奈は魔性の女!3度の結婚と恋愛遍歴 実はあげまんだった!

    葉月里緒奈さんが現在3度目の結婚をしたと話題になっています。実はあげま…




カテゴリー

最近の記事

  1. 事件事故

    タクシーが自動車販売店に突っ込む!事故現場は?どこのタクシー?居眠り運転?
  2. エンタメ

    飯島愛両親が芸能界引退理由を告白、本当の飯島愛さんとは?
  3. エンタメ

    三島由紀夫 芳村真理や美輪明宏は恋人関係だった?!
  4. エンタメ

    エリカ38浅田美代子主演映画!樹木希林遺作45年来の友人浅田美代子の名言
  5. ライフ

    台湾で震度7の大地震!花蓮のホテル倒壊画像や被害者の声 震源地は台湾北東部花蓮県…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。